ブックサイト

雑誌からコミックといった幅広い範囲の書籍の発売日やあらすじなどの情報を載せたいと思います。また管理者が読んだ本の感想も載せたいと思います。

    2018年10月


    『もりのおふろ』について


    978-4893252418) 『そらのおふろやさん』 (2009年5月、ひさかたチャイルド、ISBN 978-4893252036) 『もりのおふろやさん』 (2010年8月、ひさかたチャイルド、ISBN 978-4893252067) 『どうぶつえんのおふろやさん』 (2012年12月、ひさかたチャイルド、ISBN
    8キロバイト (1,204 語) - 2018年8月31日 (金) 06:07



    (出典 image.yodobashi.com)



    【『もりのおふろ』】の続きを読む


    『火の粉』について


    火の粉』(ひのこ)は、雫井脩介による日本のサスペンス小説。2003年に書下ろしで幻冬舎から刊行された(400字詰め原稿枚数730枚)。2005年に単発ドラマ化され、2016年には連続ドラマ化された。 2016年2月時点で累計発行部数は55万部を記録している。
    40キロバイト (4,892 語) - 2018年6月27日 (水) 17:41



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    【『火の粉』】の続きを読む


    『窓ぎわのトットちゃん』について


    窓ぎわのトットちゃん』(まどぎわのトットちゃん)は、女優・タレントの黒柳徹子による自伝的物語である。1981年に講談社から出版された。第5回路傍の石文学賞受賞作品である。 東京都目黒区自由が丘にかつて存在し、著者の黒柳が通学したトモエ学園を舞台に、黒柳自身の小学生時代についてはもちろん、トモエ学園
    9キロバイト (1,005 語) - 2018年9月10日 (月) 22:48



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    【『窓ぎわのトットちゃん』】の続きを読む


    『そして誰もいなくなった』について


    そして誰もいなくなった』(そしてだれもいなくなった、原題: And Then There Were None)は、1939年にイギリスで刊行されたアガサ・クリスティの長編推理小説である。 クローズド・サークルの代表作品であると同時に、見立て殺人の代表的作品とも評される。孤島の兵隊島を舞台にして、
    74キロバイト (9,758 語) - 2018年10月8日 (月) 21:59



    (出典 blog-imgs-18.fc2.com)



    【『そして誰もいなくなった』】の続きを読む


    『対岸の彼女』について


    対岸の彼女』(たいがんのかのじょ)は、角田光代の小説である。『別冊文藝春秋』(文藝春秋)にて248号(2003年11月号)から252号(2004年7月号)まで全6回連載された。第132回直木三十五賞受賞作。 WOWOWのドラマWで2006年1月15日にテレビドラマ化された。主演は夏川結衣、財前直見。
    2キロバイト (158 語) - 2018年7月4日 (水) 07:08



    (出典 image.yodobashi.com)



    【『対岸の彼女』】の続きを読む

    このページのトップヘ